主夫と車

日中は掃除・洗濯・買い物など行いながら、車の記事を載せていきます。

スズキ新型ハスラー【2019年12月下旬】フルモデルチェンジ

f:id:omiyasan77:20191109104223j:plain

ハスラーは2014年1月に発売されて5年目にはいっています。

 

現代であれば5年立てば一昔前でしょう、そのため古く感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

最近フルモデルチェンジを行ったジムニーが好調なため、ハスラーは少し目立たなくなってしまっています。

 

このように軽SUVも入れ替わりが激しい状態が続いています。

 

 

 

新型ハスラーは2019年12月下旬?

 

自動車雑誌には、2019年12月下旬に発表され2020年初頭より販売開始と言われています。

 

現在発売されているハスラーも発売される直前の東京モーターショーに登場した後、翌年2014年1月に発売が開始されています。

 

東京モーターショーで新型を拝見された方は、販売されることが楽しみで仕方ないかもしれません。

 

ジムニーの販売が好調の中、ハスラーもフルモデルチェンジを行い波に乗りたいところでしょう。

 

新型ハスラーのベース車は?

 

f:id:omiyasan77:20191109104240j:plain

2018年の新型スペーシアと中身はほとんど同じになりそうです。

 

自動ブレーキシステムも「デュアルセンサーブレーキサポート」が標準装備されています。

 

性能的には現在発売されているハスラーとの差はあまりありません。

 

フルモデルチェンジを行った、「ダイハツ新型タント」「ホンダ新型N-WGN」と比較すると、自動ブレーキは遅れをとっている感はいなめません。

 

新型ハスラーのデザインは?

 

新型ハスラーのデザインは、キープコンセプトになります。

 

現在のハスラーも魅力的なフロントマスクで、人気を博したので大きく変化することはありません。

 

若干丸目ヘッドライトを大きくしており、ナヨナヨした感じをなくしているかもしれません。

 

全長、全幅は軽自動車枠いっぱいの3395×1475mmで変更はありません。

 

全高は15mm高い1680mmとなっています。

 

新型ハスラーの内装は?

 

f:id:omiyasan77:20191109104254j:plain

新型ハスラーの内装インテリアは、メーターフードと同じ枠組みが3つ等間隔に並びます。

 

その間に、エアコンの吹き出し口が設置されています。

 

このデザインを見て、非常に分かりやすく感じ気にいった方も出てくることでしょう。

 

新型ジムニーを店舗で紹介され、内装を確認したら購入へ一直線になる方もいるはずです。

 

まだ、東京モーターショーで紹介されたのみで、市販車としては出ていませんがこのままの形で発売されることでしょう。

 

楽しみにしている方も多いのでは?

 

 

 

新型ハスラーを購入したいけど、手持ちがないため悩んでいる方へ

 

今お持ちの車と買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

どうせ販売するであれば、1円でも多く買い取って貰いたいはず。

 

そうであれば、より多くの買取会社に見積もりをして貰えば大丈夫です。

 

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com 」であれば、通常40社くらいが多い中、70社くらいの買取会社に見積もってもらうことができます。

 

2020年初頭なので、早めに見積もりを取ってもらうといいかもしれません。