主夫と車

日中は掃除・洗濯・買い物など行いながら、車の記事を載せていきます。

消費税増税直前!エコカー減税はどうなっているの?

f:id:omiyasan77:20190910090620j:plain

車の購入を考えていた方、ぎりぎりまで悩んでいる方、取引完了間近の方など様々いることと思います。

 

本当に欲しい車を見つけ、購入されている方であれば消費税増税はさほど関係ないかもしれません。消費税増税で諦めてしまうと、今後購入できない可能性がでてしまうためです。

 

自動車税や環境性能割など、令和元年10月1日から変わってきますが、エコカー減税はどのようになるのでしょうか。

 

変化するのか、変化しないのか紹介していきます。

 

 

エコカー減税とは

 

エコカー減税とは、新車を購入する際に減税・免税措置になります。ただ、簡単に減税・免税になるわけではなく、内容は一見で分かるようなものではありません。

 

対象となるのは、新車購入時にかかる「自動車所得税」「自動車重量税」「自動車税」の3つなります。

 

排気がクリーンで燃費にも優れる次世代車においては、最初の車検時の自動車重量税が免除となっています。

 

エコカー減税対象車は、購入時・翌年の5月頃・3年目の車検時と3回にわたって減税の恩恵を受けることができます。

 

減税率は本当に複雑ですが、クリーンディーゼル車や電気自動車、プラグイン・ハイブリット車や燃料電池車を除くと、一定の燃費基準を達成していることがエコカーとして認められることが必要になります。

 

そして、今回消費税が増税されることによってどう変わるのでしょうか。

 

エコカー減税はどうなる?

 

従来の自動車所得税自動車重量税の税率を燃費性能に応じて軽減されるエコカー減税も、所得税が廃止される前の2019年4月1日から見直されています。

 

減税率が縮小し、所得税エコカー減税軽減適用率は2019年9月30日で終了となることが決まっています。

 

但し、重量税のエコカー減税軽減適用期間は、2021年4月30日まで延長されています。

 

また、燃費性能に応じて購入翌年の自動車税を軽減するグリーン特化例も、2021年3月31日までに購入した自動車へと延長されています。

 

それ以降の適用対象は、電気自動車等のみに限定される予定なので、今後の情報も確認していかなければなりません。

 

自動車重量税エコカー減税による軽減割合(~2021年4月)※乗用車の例

 

初回車検

2回目車検

電気自動車等

 

免税

免税

2020年度燃費基準+90%達成車

2020年度燃費基準+50%達成率

 

 

 

   -

2020年度燃費基準+40%達成率

2020年度燃費基準+30%達成率

50%軽減

2020年度燃費基準+20%達成率

2020年度燃費基準+10%達成率

25%軽減

2020年度燃費基準

2015年度燃費基準+10%達成率

当分の間税率

 

グリーン特例による自家用車の乗用車に係る軽減税率の見直し

自動車の燃費性能等

2019年4月から2021年3月までの間に購入した場合

2021年4月から2023年3月までの間に購入した場合

登録車

軽自動車

登録車

軽自動車

電気自動車等

税率を概ね75%軽減

税率を概ね75%軽減

税率を概ね75%軽減

税率を概ね75%軽減

2020年度燃費基準+30%達成率

軽減なし

 

 

軽減なし

 

 

軽減なし

2020年度燃費基準+10%達成率

税率を概ね50%軽減

税率を概ね25%軽減

 

消費税増税に購入がお得なのか?

 

f:id:omiyasan77:20190910090646j:plain

購入したい車が「環境性能割」で非課税になるエコカーであれば、焦って購入する必要はありません。

 

増税前に慌てて購入するよりも、消費税増税後にディーラーと商談をしたほうが大きな値引きをしてもらえる可能性も考えられます。

 

ここまで間近になれば、増税前に購入し2019年10月1日までの納車が難しいでしょうから、増税後にディーラーとの商談をしていくことに集中していくことが必要かもしれません。

 

日用品は増税後、安くなりづらいでしょうが、車においては、増税直後のほうがより安く購入できるチャンスかもしれません。

 

また、車の購入を今考えているのであれば、消費税増税の前に愛車の見積もりをしていただくのも悪くないかもしれません。

 

その際に、消費税増税後に購入した場合に、おいしい条件を貰える場合も考えられます。

 

決まった買取会社があれば問題ないかもしれませんが、決まったところがないと1件ごと回るしかありません。

 

ですが、今では一括見積が簡単にできます。「【一括査定.com】 」を確認するだけで簡単に確認できます。

 

後の交渉は、あなたの腕次第になりますが・・・。