主夫と車

日中は掃除・洗濯・買い物など行いながら、車の記事を載せていきます。

オープンカーとは?色々な呼び方がありますがどのような違いが?

 

f:id:omiyasan77:20190919091900j:plain

秋の風が吹いているため、オープンカーでのドライブは最高の気持ち良さを味わえるかもしれません。

 

オープンカーをお持ちでない方は、レンタルしてでもドライブをしたいかもしれませんね。

 

そのオープンカーは、メーカーによって様々な名称があります。では、オープンカーについて説明していきます。

 

 

 

オープンカーは主に2種類ある

 

オープンカーには、ルーフのある車をベースにした車と、オープン専門設計の車体を開発した2種類があります。

 

ベース車の場合

 

ベース車のある車は、「カブリオレ」「コンバーチブル」と呼ばれています。たまに見かける車としては、ザ・ビートルがベースの「ザ・ビートル・カブリオレ」。ミニ3ドアをベースにした「ミニコンバーチブル」として販売されています。

 

どちらもルーフがある車で、2ドアではありますが後部座席もあります。カブリオレコンバーチブルでは、実用性が高いオープンカーとなっています。

 

専用車の場合

 

オープンカー専用設計では、2ドア・2シーターでロードスターやスパイダーと呼ばれています。「マツダ ロードスター」や「フィアット 124スパイダー」を思い浮かべてみればいいかもしれません。

 

オープンカーの歴史とは

 

f:id:omiyasan77:20190919091931j:plain

そもそも世界最初の自動車はオープンカーです。世界最初の車として、ベンツの3輪車やダイムラーの4輪車を思い浮かべる人もいるかもしれません。

 

ですが「ジークフリートマルクス」というエンジニアが自動車の開発をしていましたが商売をしていなかったためか広く知られることはありませんでした。

 

このように車が世にでたころは、誰が開発してもオープンカーとなっていました。理由があります。

 

屋根までつけてしまうと、当時のエンジンは非力であったため重くて走れなくなってしまうからです。

 

また、当時は馬車が主流でオープンであることが普通であったため、屋根などをつけて雨・風を防ぐことはしなかったのかもしれません。

 

そして、オープンカーは現代、ぜいたく品として生き残っています。

 

カブリオレコンバーチブルの違い

 

f:id:omiyasan77:20190919092023j:plain

カブリオレはフランス語やドイツ語圏で、コンバーチブル英語圏で使われている名称になります。

 

カブリオレはフランス語の言葉で、屋根が開閉できる幌馬車を指す言葉となっています。

 

コンバーチブルは、変えられるや改造できるという意味です。屋根のある状態から、屋根がない状態に変えたことからコンバーチブルと呼ばれています。

 

ロードスター、スパイダーの違い

 

f:id:omiyasan77:20190919092002p:plain

基本的には同じですが、スポーツカーのイメージがより強いのは「ロードスター」になります。

 

ロードスターは屋根のない幌馬車を指す言葉で、走行性能の高さを意味する言葉ではありません。

 

ただ、メーカーも特別モデルや走行性能が高い車については、ロードスターとつけたがります。

 

スパイダーはロードスターと同様に2ドア・2シーターのオープンカーに与えられています。

 

イタリアの車に使用されることが多いのですが、ポルシェなどのドイツ車に使用されることもあります。

 

オープンカーのそれぞれ

 

夏の暑い時期もオープンカーのドライブは楽しいものかもしれませんが、やはり少し涼しくなったほうが暑さ対策として心地いいかもしれません。

 

スポーツタイプがいいのか、実用的に選ぶのか個人的な趣味によって変化を楽しむのもいいかもしれません。

 

間違いなく言えることは、秋晴れで紅葉を横目に運転することは最高と言えることでしょう。

 

 

新しい車の買い替えでオープンカーを考えている方は、一括査定サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

 

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com 」を活用すれば、70~80社前後の会社から査定してもらえます。

 

このように多くの会社から査定してもらうため、より目的金額で商談に望めます。そして、楽しいオープンカー生活を満喫してみてはいかがでしょうか?



街中でよく見かけるホンダN-ONEとは?その実力を見てみましょう

f:id:omiyasan77:20190918120006j:plain

街中で多くの車を見かけます。

 

ちょっとした渋滞は、全国各地で起こっていることでしょう。そのときすれ違う車をみることと思います。

 

その際に、ホンダN-ONEをみかけませんか?今回はそんなホンダN-ONEを紹介していきます。

 

 

愛着を持ちやすい軽自動車

f:id:omiyasan77:20190918120040j:plain

 

ホンダN-ONEは2011年から販売している新世代軽自動車「Nシリーズ」の第3弾として2012年11月に登場しています。

 

軽自動車でありながら、大人4人がくつろげる室内で愛着のわきやすいデザインをしています。

 

それだけではなく、快速な高速走行もできる走行性能を高いレベルで保っている軽自動車の基本として開発されています。

 

N-ONEは1967年に発売されたN360のデザインをルーツにしているため、知らない人でもどこか懐かしさやノスタルジックを感じるかもしれません。

 

ただ懐かしさだけではなく、タイヤが車体の四隅でしっかりと支えるように見える台形を採用しているため、見た目にも安心感と上質さが追求されていることが分かります。

 

安定さが高速走行時でも楽に走ってくれるような、走行性能を感じさせてくれます。

 

外観だけではなくインテリアもこだわっている

 

f:id:omiyasan77:20190918120111j:plain

長く使っても飽きのこない居心地を意識しているインテリア。シンプルでありながら細部までこだわっており、丁寧な造り込みが見て取れます。

 

インストルメントパネルはセンターの張り出しをなくした横一文字の形を採用しています。そのため爽快で上質感を表現しています。

 

また、スイッチ類は運転席や助手席からも操作しやすいようにセンタパネルに集中して配置しているためかなり便利な使用となっています。

 

エアコンはパネル上部、オーディオのスイッチはパネル下部に集中させることで、間違いなく操作ができストレスフリーとなっています。

 

安全装置はやや不満か

 

f:id:omiyasan77:20190918120222j:plain

安全装備は走行安定性を向上させるVSAをはじめ、走行中に急ブレーキを感知した場合、ブレーキランプの点灯に加えハザードランプが自動で高速点灯します。

 

他にも後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルも装備されています。そして30km/h以下という低速走行中に前方車両との衝突の回避や軽減は自動ブレーキ支援されます。

 

前方に障害物がある状況でアクセルを踏み込んだ場合、急発進を防止する「シティブレーキアクティブシステム」はオプションで設定されています。

 

「シティブレーキアクティブシステム」が搭載されていますが、「ホンダセンシング」が搭載されていないことが不満に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

高い走りでありながら、静かな室内

 

f:id:omiyasan77:20190918120145j:plain

N-ONEで最もスポーツタイプは「RS」となっています。インテリアは握り心地を追求した本革巻きハンドルをはじめ、シートのスイッチがあります。

 

N-ONE RSで走り出すと、スポーティーな印象とは裏腹にエンジン音や車外の騒音が車内に入り込むことが少なくなっています。

 

これは、遮音機能付フロントウインドウガラスや遮音材、吸音材が採用され最大限の効果を破棄しています。

 

そのため、車内での会話もスムーズで音楽も聞きやすいでしょう。

 

乗りやすい・軽快で車内環境を望むのであれば「ホンダN-ONE」を選んでみてはいかがでしょうか。

 

今乗っている車を売ってしまい、新たに購入を考えているのであれば、一括査定サイトを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 「安心な車査定をするなら一括査定.com 」であれば、70~80社前後の会社から査定してもらえます。※通常のサイトは40社前後です。

 

このように多くの会社で査定してもらえるため、より高値がつく可能性があります。今お持ちの車を査定してもらってみてはいかがでしょうか?

 

レギュラーガソリン車にハイオク!結果は?

f:id:omiyasan77:20190917085012j:plain

ガソリン代は、年々上がっているのかもしれません。

 

そのように感じている方はほとんどではないでしょうか?燃費を気にしてハイブリット車や電気自動車に変えた方もいらっしゃるかもしれません。

 

その中、もしかして燃費向上する?とか思い、レギュラーガソリン車にハイオクを入れている方もいるかもしれません。

 

実際にハイオクを入れたらどのようになるのでしょうか紹介していきます。

 

 

ハイオクとレギュラーの違い

 

ハイオクとレギュラーは、いずれも無鉛ガソリンでノッキングを起こしにくくする「オクタン価」の数値で分けられています。

 

オクタン価は、

 

レギュラー:85~92

ハイオク ;98~100

 

この値で設定されています。このようにハイオクは、オクタン価が高いということで「ハイオク」と呼ばれています。

 

オクタン価が高いほど引火点が高くなるため、燃えにくいガソリンとなります。

 

燃えにくいのであれば、車を動かすのに適していないのではないかと考える方もいるかもしれません。実際には、より高く圧縮するため燃焼時のエネルギーは大きくなるため、ノッキングを起こしにくくなります。

 

最近のハイオクはオクタン価を高めるだけではなく、エンジンの燃焼室をキレイにする清浄剤も混ざっています。

 

このため、走れば走るほど燃費の向上とエンジン寿命が少しでも長く持たせてくれます。

 

燃費やパワーの向上は?

 

f:id:omiyasan77:20190917085039j:plain

レギュラーガソリン車にハイオクを入れて燃費やパワー向上するのかという疑問の答えとしては、すぐ分かるような効果はありません。

 

但し、最近のハイオクには清浄剤が入っているため、ハイオクを使い続けることによって徐々にエンジンが綺麗になります。

 

そのため、燃費は少しずつ良くなってきますが、汚くなる前の状態まで復活することはありませんので注意ください。

 

あくまで、汚れきったエンジン時の燃費よりも回復する程度であることを覚えておきましょう。

 

まとめ

 

結果として、レギュラーガソリン車にハイオクを入れてみてもすぐに効果を実感できることはなにもありません。

 

但し、ご自身の乗っている車の調子が故障した感じではないけど、エンジンがなんだかおかしいなと感じたらハイオクに変えてみることも手段の一つかもしれません。

 

1回や2回くらいでは分からないとは思うので、1000km以上は走ってみたほうがいいかもしれません。

 

 

f:id:omiyasan77:20190917085112j:plain

このように、今までのレギュラーで走った距離分、ハイオクで走行するとキレイなります。

 

www.shell.co.jp

 

 

エンジンが気になった方は、ハイオクを入れ続けてみてはいかがでしょうか。

 

また、車の買い替えを意識された場合にもハイオクでエンジンを綺麗にして商談することがいいかもしれません。

 

汚れたエンジンより綺麗なエンジンです。

 

ただ、買取会社に依頼することもなかなか時間がない方もいらっしゃるかもしれません。その際に大変便利に査定してもらうことができます。

 

それは、

 

「一括査定サイト」の活用です。

 

安心な車査定をするなら一括査定.com 」を活用することによって、休みのたびに買取会社をまわる必要はありません。

 

今の愛車がいくらくらいで買い取りされるか気になる方も除いてみてはいかがでしょうか?

 

大変簡単に査定終了しますよ。

 

不可抗力のドアパンチ!どうしますか。対処法を考えてみましょう

f:id:omiyasan77:20190915101927p:plain

隣の車にぶつけたくて、ぶつけた人など普通の人であればいないはずです。

 

不可抗力が働いてしまって、ぶつける可能性は十分考えられます。突然の風などは怖いものです。

 

このように、個人の意識外で発生した事故はどのように対処していけばよいのでしょうか。

 

 

強風注意

 

特に高速のSAなどで慌ててトイレに向かおうとしたときなど要注意です。

 

トイレへ気持ちが優先してしまい、強風への注意が疎かになりがちになるからです。強風へ気持ちが疎かになってしまうと・・・

 

隣の車へ「ドアパンチ」してしまう可能性が非常に高まってしまいます。

 

ドアパンチをしてしまった場合。

 

逃げてはいけません。必ず謝罪しましょう。愛車を傷つけられて間違いなく相手は凹みます。

 

そのため謝罪の後、警察に連絡をし、調査を受けましょう。また、保険会社に連絡をし、対応をお願いして下さい。

 

連絡先の交換は個人間で行うようにし、お詫びなどはできるだけ当日中がいいいでしょう。事故が発生してからそれなりの時間がかかるため、慌てず保険会社の対応を待つようにしましょう。

 

早く終わらせようとし個人で勝手に動くことは、良しとしません。さらに悪い結果になる場合もあるため、個人での判断はしないようにしてください。

 

気になる免許は?

 

ゴールド免許の人であれば大変気になるところでしょう。ランクが落ちてしまっては残念で仕方ありません。

 

このように強風でのドアパンチは、物損事故扱いとなり免許自身の変更はありませんので安心して下さい。

 

但し、ドアパンチをしないようにすることは当たり前です。ドアパンチされた相手は当然のこと自分もどうしようもない気持ちになります。

 

車に置いておくといいもの

 

メモができるように紙とペンなどの書くことができるものを準備しておくと、少し余裕をもって対応できるかもしれません。

 

また、スマホなどを活用し写真を撮っておくことは重要になるので忘れないようにしてください。

 

筆記用は何かと役にたつので準備しておいてもいいですね。

 

ドアパンチの費用

 

f:id:omiyasan77:20190915101954j:plain

ドアパンチが発生してしまった場合。加害の割合は100:0になることが多いでしょう。

 

修理費用とレンタカー代などが必要になってきます。また、気になるところでしょが「保険の等級」も下がります。

 

保険会社や状況に変化もあるかもしれませんが、おおよそ3等級くらいダウンするみたいですね。ドアパンチ注意して下さい。

 

ドアパンチしてしまい気になる方、気持ちを切り替えるために車を買い替えようと考えているかもしれません。

 

そこで「【JADRI公式】一括査定.com 」で見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

 

休みの日に買取会社を回る必要が一切ありません。一括査定サイトで高価格をつけてもらった会社と商談するだけです。

 

簡単ですよ。

 

そして、気持ちも新たに車も新たで生活を一変させることもいいかもしれません。

 

車を使う上で必要なガソリン!セルフとフルサービスはどちらがお得なのか?

f:id:omiyasan77:20190910140918j:plain

車を乗る上で、多くの方が必要としているものがガソリンになります。「昔は安くてよかったな」と思い出す方もいらっしゃるかもしれません。

 

中には、電気自動車の所有者の方でガソリンは関係ないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、やはり多くはガソリン車所有の方でしょう。ガソリンを入れる際は、セルフをお使いでしょうか、フルサービスでしょうか。今回はどちらがお得なのか紹介していきます。

 

 

ガソリン代とは

 

ガソリン1Lの価格には53.8円のガソリン税軽油は32.1円の軽油取引税が含まれています。ガソリン税揮発油税地方揮発油税の合計からなります。

 

さらに、平成28年から地球温暖化対策という名目で石油税が2.8円をガソリンと軽油それぞれに課せられています。

 

このガソリン税が含まれる燃料代に、消費税まで課せられてしまうのはおかしいと思ってしまうのは仕方ありません。

 

二重課税ではないかと考えている方も多くいます。課税を問題ないと考えている方々は

さまざまな石油製品の原料には消費税がかかっていると同様、揮発油税の納税者は石油会社なので、製造コストに含まれると言われています。

 

しかし、ガソリンという製品に課せられる税金、消費税はガソリン税を除外した金額に課税すべきと考える方が多いのでないのでしょうか。

 

昔は、ガソリン税などが記載されてレシートをもらっていましたが、近年では、単価と数量、消費税のみの記載です。

 

何か意図があり、隠しているのではないかと勘繰ってしまってもおかしくないかもしれません。

 

都道府県別ガソリンの価格

 

f:id:omiyasan77:20190910140945j:plain

全国のガソリン平均価格を紹介していきます。

 

レギュラー:138.8円

ハイオク :149.3円

軽油   :119.7円

灯油   :1,531.8円

 

となっています。では、都道府県別で、高い県と安い県はどこでしょうか。レギュラーガソリンの店頭価格で紹介します。

 

レギュラーガソリンが高い都道府県5位

1位:福井県 148.5円

1位:高知県 148.5円

3位:長野県 147.8円

4位:岡山県 145.2円

5位:山梨県 144.8円

 

レギュラーガソリンが安い都道府県5位

 

1位:三重県 133.3円

2位:千葉県 133.4円

3位:埼玉県 134.3円

4位:石川県 134.8円

5位:鳥取県 134.8円

 

最も高い福井県が148.5円で最も安い三重県の133.3円の差額が15.3円です。ここまでガソリン価格の地域差が生じてしまうのでしょうか。

 

こうした地域による価格差は、油槽所からの距離に応じた物流コストによって高くなったり、安くなったりします。

 

必ずしも油槽所が近いと安くなる可能性がありますが一概ではありません。他の要素としては、競合するガソリンスタンドが乱立し、価格競争が激化している場合もあります。

 

他に高いところの理由は、離島が多くあるところ、競合が少ない、物流コストがかかるなど様々な理由があり、価格が高くなります。

 

セルフとフルサービスの価格の違いは

 

f:id:omiyasan77:20190910141009j:plain

他に価格差が考えられるものとして、ガソリンスタンドの立地条件によって価格差が生じてくる場合もあります。

 

安売りすることはしないで、利便性を提供することによって適切な価格でガソリンを販売しています。これは、周辺に競合が少なくなれば、多少高めでも商売として成り立ちます。

 

しかし、車の燃費向上によって地元のガソリンスタンドではなく買い物やドライブついでに単価の安いスタンドで給油する場面も増えてきています。

 

以前は、ガソリンという燃料は危険物に含まれていることいから、給油作業は知識を持つ人間が行わなければならないという制約がありました。

 

ですが、給油ポンプの安全性を高めたり、給油スピードに制限を加えることで、ドライバーが自分で給油しても安全な工夫がされることによって誰にでも給油できることいとなりました。

 

そのため、人員を削減できその結果ガソリン代も安くなりましたが、セルフスタンドも多くなり、価格競争も激化し、燃料価格の増していっているため、フルサービスと大きな差がなくなってきています。

 

特に都市部に関しては、セルフとフルサービスの価格の差が逆転しているところもあります。

 

価格で選ぶ場合は、セルフ又はフルサービスの店よりも近所のスタンドで確認以外方法はないかもしれません。

 

また、個人的にですがスタンドはもっぱらセルフを使っています。それは、水抜き剤など営業をかけられるのが面倒くさいためです。

 

ですが、営業されることによって気が付くこともあるかもしれないので、個人にあったガソリンスタンドを探して活用しましょう。

 

ここ最近、車の乗り方も変えていないのに、ガソリンを頻繁にいれているなと感じたら、燃費が悪くなっているのかもしれません。

 

そうしたら、少しでも高く売れるように早く行動したほうがいいかもしれません。そうしたら、休みの度に買取会社を回ると考え面倒くさいと考えてしまう方も多いのでないのでしょうか。

 

最近では、そのようなこともせずに「【一括査定.com】 」を活用することによって、簡単に何社からの見積もりがもらえます。

 

後はその中で、一番の高値がついた会社と商談を行えば完了です。

 

かなり簡単で終わりますよ。

 

消費税増税直前!エコカー減税はどうなっているの?

f:id:omiyasan77:20190910090620j:plain

車の購入を考えていた方、ぎりぎりまで悩んでいる方、取引完了間近の方など様々いることと思います。

 

本当に欲しい車を見つけ、購入されている方であれば消費税増税はさほど関係ないかもしれません。消費税増税で諦めてしまうと、今後購入できない可能性がでてしまうためです。

 

自動車税や環境性能割など、令和元年10月1日から変わってきますが、エコカー減税はどのようになるのでしょうか。

 

変化するのか、変化しないのか紹介していきます。

 

 

エコカー減税とは

 

エコカー減税とは、新車を購入する際に減税・免税措置になります。ただ、簡単に減税・免税になるわけではなく、内容は一見で分かるようなものではありません。

 

対象となるのは、新車購入時にかかる「自動車所得税」「自動車重量税」「自動車税」の3つなります。

 

排気がクリーンで燃費にも優れる次世代車においては、最初の車検時の自動車重量税が免除となっています。

 

エコカー減税対象車は、購入時・翌年の5月頃・3年目の車検時と3回にわたって減税の恩恵を受けることができます。

 

減税率は本当に複雑ですが、クリーンディーゼル車や電気自動車、プラグイン・ハイブリット車や燃料電池車を除くと、一定の燃費基準を達成していることがエコカーとして認められることが必要になります。

 

そして、今回消費税が増税されることによってどう変わるのでしょうか。

 

エコカー減税はどうなる?

 

従来の自動車所得税自動車重量税の税率を燃費性能に応じて軽減されるエコカー減税も、所得税が廃止される前の2019年4月1日から見直されています。

 

減税率が縮小し、所得税エコカー減税軽減適用率は2019年9月30日で終了となることが決まっています。

 

但し、重量税のエコカー減税軽減適用期間は、2021年4月30日まで延長されています。

 

また、燃費性能に応じて購入翌年の自動車税を軽減するグリーン特化例も、2021年3月31日までに購入した自動車へと延長されています。

 

それ以降の適用対象は、電気自動車等のみに限定される予定なので、今後の情報も確認していかなければなりません。

 

自動車重量税エコカー減税による軽減割合(~2021年4月)※乗用車の例

 

初回車検

2回目車検

電気自動車等

 

免税

免税

2020年度燃費基準+90%達成車

2020年度燃費基準+50%達成率

 

 

 

   -

2020年度燃費基準+40%達成率

2020年度燃費基準+30%達成率

50%軽減

2020年度燃費基準+20%達成率

2020年度燃費基準+10%達成率

25%軽減

2020年度燃費基準

2015年度燃費基準+10%達成率

当分の間税率

 

グリーン特例による自家用車の乗用車に係る軽減税率の見直し

自動車の燃費性能等

2019年4月から2021年3月までの間に購入した場合

2021年4月から2023年3月までの間に購入した場合

登録車

軽自動車

登録車

軽自動車

電気自動車等

税率を概ね75%軽減

税率を概ね75%軽減

税率を概ね75%軽減

税率を概ね75%軽減

2020年度燃費基準+30%達成率

軽減なし

 

 

軽減なし

 

 

軽減なし

2020年度燃費基準+10%達成率

税率を概ね50%軽減

税率を概ね25%軽減

 

消費税増税に購入がお得なのか?

 

f:id:omiyasan77:20190910090646j:plain

購入したい車が「環境性能割」で非課税になるエコカーであれば、焦って購入する必要はありません。

 

増税前に慌てて購入するよりも、消費税増税後にディーラーと商談をしたほうが大きな値引きをしてもらえる可能性も考えられます。

 

ここまで間近になれば、増税前に購入し2019年10月1日までの納車が難しいでしょうから、増税後にディーラーとの商談をしていくことに集中していくことが必要かもしれません。

 

日用品は増税後、安くなりづらいでしょうが、車においては、増税直後のほうがより安く購入できるチャンスかもしれません。

 

また、車の購入を今考えているのであれば、消費税増税の前に愛車の見積もりをしていただくのも悪くないかもしれません。

 

その際に、消費税増税後に購入した場合に、おいしい条件を貰える場合も考えられます。

 

決まった買取会社があれば問題ないかもしれませんが、決まったところがないと1件ごと回るしかありません。

 

ですが、今では一括見積が簡単にできます。「【一括査定.com】 」を確認するだけで簡単に確認できます。

 

後の交渉は、あなたの腕次第になりますが・・・。

 

消費税増税目前!車の購入は控えるべき?

f:id:omiyasan77:20190906094335j:plain


 

消費税増税まで1ヶ月切りました。ニュースやワイドショーなどでは、どのようになるのか特集がほぼ毎日見られます。

 

単純に増税するからと購入を焦る方も中にはいるかもしれません。前々から考えていたのであれば気にする必要もないでしょう。

 

では、消費税増税と車について購入するべきかぎりぎりまで悩んでいる人は、どうするのか一緒にみていきましょう。

 

 

自動車税改訂

 

f:id:omiyasan77:20190906094442j:plain

2019年10月1日以降に新車登録を行った場合、自動車税が軽減されます。

 

 

具体的には、

 

1000cc以下  2万5000円  4500円減少

1001~1500cc 3万500円   4000円減少

1501~2000cc 3万6000円  3500円減少

2001~2000cc 4万3500円  1500円減少

2501~3000cc以上は全て1000円の軽減です

 

消費税の割高感も税抜き200万円の車を購入の場合、5%で215万円。8%に増税の場合は216万円となり6万円増えることになります。

 

10%の場合は、220万円で4万円と前回の消費税増税に比べ大幅に上がった感もないため、若干の割高感が抑えられています。

 

自動車税軽減も相まって、駆け込みで購入する方も少ないのでしょう。ただ、2%とはいえ車体によって変わってきますが何万円か高くなるため、購入者が決まっている方であれば早めがいいかもしれません。

 

排気量少ない車であれば?

 

f:id:omiyasan77:20190906094405j:plain

上記で説明している通り、自動車税が安くなります。特に排気量が少ない車ほど、下げ幅が大きくなっています。

 

そのため、エンジン排気量が小さく価格の安い車種は、消費税増税後に購入することを検討したほうがいいかもしれません。

 

例えば、排気量996ccの車を消費税8%の車で124万2000円では、10%になると126万5000円で2万3000円の値上げになります。

 

この値上げをみると、増税前に購入しないといけないと考えるかもしれません。ですが、排気量996ccの自動車税をみると、年額4500円安くなります。

 

車を購入して1年以内に売ってしまう人はなかなかいないでしょう。仮に6年所有した場合、2万7000円の軽減となり,消費税前に購入よりも結果お得になります。

 

また、車によっては「環境性能割」が非課税になるものもあるため「自動車取得税」を支払わなくてすみ、消費税増税で上がった分よりもお買い得になります。

 

増税後に車を購入するべき車

 

増税後に購入をするべき車は、

 

・エンジン排気量1500cc以下

・税込価格140万円以下

 

このような条件で探している方は、間違いなく消費税増税後に購入をおススメします。そのため、排気量が大きく車体価格の高いものであればお得にならない可能性も十分考えられます。

 

もし、買い替えのタイミングが2020年9月30日までに考えているのであれば、どの車にするか考えましょう。「環境性能割」が安くなっています。

 

そのため、今の愛車を大切にしてください。

 

ただ、今の愛車を売ってしまい新たに購入を考えているのであれば、「【JADRI公式】一括査定.com 」で消費税増税前に見積もってもらい、高値をつけた買取会社に相談してみるのもいいかもしれません。

 

増税前に高値で買い取ってくれる会社など様々でしょう。ゆったり構えるのはなく、販売するタイミングと購入タイミングを逃さないようにし、早め早めに行動していきましょう。